包茎手術の基礎知識|包茎手術で後悔しないためには正しい情報を!

コンプレックスを放置すると後悔する!包茎手術のススメ

放置して改善するわけではない

包茎手術はコンプレックスを解消する効果的な方法の1つですが、なかなか決断できずに悩む場合があります。なぜなら、邪魔をしている包皮を切除する時や縫合する時など痛みに不安を感じたり、包茎手術が成功しなかった状況を思い浮かべたりするためです。そのため、決断できずにいつまで経っても包茎の状態が続いてしまうことがあります。

しかし、コンプレックスを放置すると後悔する可能性が高くなるでしょう。必ず改善するなら放置の選択は間違っていませんが、ただの希望なら変化が見られずに後悔するリスクを抱えます。仮に成長期で身長が伸びている状況ならペニスが大きくなり、包茎が改善するチャンスはあります。

ですが、すでに成長期が終わっている場合、何も手を加えずにペニスだけサイズが大きくなり、包茎が改善する見込みは薄いでしょう。ですから、放置して後悔する状況を回避したいと考えているなら包茎手術を検討することは価値があります。

実施した場合と放置した場合の未来をイメージしよう

包茎手術を放置して後悔する事態を防ぐには、実施した場合と放置した場合の未来をイメージするのが効果的です。両方のケースをイメージすることで実施することを前向きに考えられるようになるでしょう。包茎手術を実施した場合はコンプレックスを解消できるので自信を持って女性にアプローチを仕掛けたり、包茎による陰毛の巻き込みを防げたりなどメリットがあります。

また、包茎によって発生する病気のリスクやにおいを抑制できる効果も見込めます。一方で放置した場合はずっとコンプレックスを抱えたままの状態になり、男としての自信が持てないので女性にアプローチできなかったり、病気やにおいのリスクを抱えたりといった生活を送る可能性があります。

包茎の状態は人によって異なりますし、金銭面の状況も各々で異なります。そのため、包茎手術を受けるかどうか迷うことは仕方ないでしょう。ですが、早めに包茎手術を実施しておいた方が後悔せずに済むのは事実なので、実施した場合と放置した場合の未来をイメージすることは重要です。

まとめ

包茎の状態は成長期なら身長が大きくなるようにペニスのサイズも大きくなる可能性はありますが、すでに終わっている場合は放置したとしてもサイズアップを見込むのは難しいです。そのため、放置して後悔するくらいなら包茎手術を受けることをおすすめします。また、包茎手術を実施した場合と放置した場合の未来をイメージしましょう。すると、包茎手術が自分に必要かどうかを判断しやすくなり、後悔するリスクを下げることができます。

No comments posted.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です