冤罪問題を考える冤罪を防止するにはどうしたらいいのか?

排水溝つまりの犯人は…

家の洗濯機置き場の排水溝がつまり、水があふれて家じゅうの
バスタオルやシーツを総動員する騒ぎになったんです。
結局自分でつまりを取り、再度洗濯機を回したら、また!溢れた……。
ちゃんと汚れを溶かして流して、確認したのに…
犯人は猫の毛なんですけど、猫もわざと毛だらけになってるわけではないですから、
猫のせいにされても、ですよね。
結局、いつもお願いしている修理業者さんにペットの毛対策をお願いして、
しっかり修理してもらいました。

何でも屋の抱えるトラブルとは

都心には特に多い探偵稼業や何でも屋
気をつけなければならないのは、犯罪に関わるトラブルを抱える可能性があること。
なので、依頼を受けるときは慎重になることも多いらしいですね。
まあ、迷子犬や猫の捜索や探し物などならそれほど気を使わなくてもよさそうですが、
別れさせ工作であったり、離婚調停に関わることだったり、
身の危険を感じることも多少あると聞いたことがあります。
やはり危険を伴う依頼の方が報酬がいいのでジレンマでしょうね。